FC2ブログ
『コードギアス・反逆のルルーシュ』非公認ファンブログ。二次創作SS(BL・女体化含)、イラスト、R18アリ。 pixivにて他ジャンルで活動中★

黒猫皇子と白狼騎士

愛の調教師・その2 | main | 猫の森には帰らない。(その10)
猫の森には帰らない。(その11)
自分の気持ちが分からないルル。
とまどいながらも、言葉を探します。
まおは、ルルの気持ちに触れて、勇気を出して。
そして、二人の『冒険』が始まるのです。。。
(・・・なワケないって☆)


------------------------------------------------------------

猫の森には帰らない。

(その11)

 ルルは、まおの突然の発言に、おどろきました。
 だって、まおは、ルルとはさっき知り合ったばかりなのに。
 なのに、まおは、ルルのことをいろいろ訊いたばかりか、ルルのことを真剣に考えてくれて、そして、ルルがもう一度スザクの気持ちを確かめるため、着いて来てくれると言うのです。
 いったい、何が、まおをそこまで駆り立てるのでしょうか?
 ルルには、さっぱり分かりません。
 でも、ルルには、思うところがありました。
「オレが住んでいたところって・・・街のど真ん中だぞ? オマエ、確か、今日が『初めてのおつかい』とやらじゃなかったのか?」
 そう。
 まおは、ルルのために、森を出る・・・なんてことを言いましたが、実際、まおは、森の外はおろか、森の中でさえ一人で歩き回ったことはなかったのです。
 そんなまおが、ルルに着いて、街の真ん中にあるスザクのアパートまで来ると言うのですから、ルルが不安に思うのも無理はありません。
 それに、何より。
「・・・『ニンゲン』がいっぱいいるし、もしかしたら、ネコが嫌いなヤツにだって会うかもしれない。そうなったら、オマエ・・・大丈夫なのか?」
 ルルは、自分でも、おかしな質問をしている、と思いながらも、そう言わずにはいられませんでした。
 ひとの考えが読めるまお。
 さっき、自分が、ちょっとキツイことを考えただけで、泣きそうになったまお。
 そして、ルル自身の気持ちにすら、同調して泣いてしまったまお。
 そんな『純粋』なこころの持ち主が、ニンゲンばかりの街へ行ったら・・・。
 ルルは、いつの間にか、まおが傷付くのがイヤだ、と思うようになっていたのです。
 でも、そんなルルの心配を他所に、まおは、こう言います。
「だって!・・・今、本当にツライのは、ルルだから・・・大好きなひとの気持ちが分からなくなっているルルだから・・・だから、ぼくがツライなんてことはないんだ」
 ルルは。
 今、泣きたいような、変な気持ちでいっぱいになりました。
 まおが言ったことは、まおが『本当の痛み』も何も知らない『コドモ』だから、言えることなのかもしれません。
 でも、今のルルには、そんなまおの『優しさ』に、とても、ジン、と来てしまったのです。

『嬉しい、のか・・・? オレは・・・』

「え?」
 まおの聞き返しに、ルルは、答えることは出来ません。
 ルルだって、今、自分のこころに沸きあがってくる気持ちの正体が分からないのに。
 それを、まおに分かれ、だなんて、どうして言えるでしょう?
 それでも、ルルは、何とか、言葉を探します。

『えと・・・その・・・ありがとう』

 それは、口からは出ませんでしたが、まおには、伝わってしまったようでした。
 だって、まおってば。
「・・・何かさ、改まって言われると、くすぐったいよね」
なんて言って、ほおを赤らめてしまったのですから。
「オレは、礼なんて言ってないぞ」
 すかさず、ツッコミを入れたはずのルルが、実は、お礼を言ったことを自分から認めてしまったことに気付くのは、もう少しあと。
 だって、ここには、まおが何を言われてくすぐったかったのかを、言ってないと指摘できるひとは、いなかったのですから。

 そんな二人は、しーつーとまおが住んでいる場所に、たどり着いたのですが、しーつーのところには、二人が帰るより先に、お客さんがみえている様子でした。


インデックスへその12へ

拍手する
| 猫の森には帰らない。(完結) | 22:00 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Profile
pixiv

pixiv

What's New
Manu
Search

Counter

Link

お世話になってます♪

ギアスサーチバナー
GEASS SEARCH 様

ギアスSSサーチバナー
ギアスSSサーチ様


スザルル同盟様はサイト閉鎖されました   ロロ同盟バナー
スザルル同盟様  ロロ同盟様

Link 2
Comment
Mail Form

↓お問い合わせは、コチラで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

QR CODE

QR

ケータイからもご覧いただけます♪