FC2ブログ
『コードギアス・反逆のルルーシュ』非公認ファンブログ。二次創作SS(BL・女体化含)、イラスト、R18アリ。 pixivにて他ジャンルで活動中★

黒猫皇子と白狼騎士

ナナリーの前でMをカミングアウトするルルーシュ★ | main | ゼロ・レクイエム・その5
ゼロ・レクイエム・その6
断ち切れないルルたんが好きです。
欲張りなルルたんが好きです。
全部、叶えてみせる!とうそぶくルルたんが好きです。
そのせいで、いっぱいいっぱいになってるルルたんが大好きです。
スザクは、そんなルルたんの力になってくれればいい。。。
ずっと、そう思って、2年間彼らを見守ってきました。
願いが叶う日が、終わりの刻だなんて、誰が望んだのでしょう?

※ このお話は、R18要素を含みます。
  ニガテな方、18歳未満の方は、ご注意ください。
  大丈夫な方のみ、続きをご覧くださいませv


------------------------------------------------

ゼロ・レクイエム(6)

 目が覚めると、スザクの顔がすぐそばにあり、慌てて視線をそらした。
 本当なら、すぐにでも逃げ出したいくらい、気恥ずかしかったのだが、抱きしめられた状態が、それを許さなかった。
「おっ・・・お前はっ」
 最後まで言えない抗議の声は、薄暗がりでも判ったスザクの笑顔によって、封じられてしまう。
 全く。
 何度、こういう行為を重ねても、この瞬間だけはいたたまれない。
 さらには。
「ルルーシュってさ・・・そういうところ、全然、変わってないよね」
 感慨深く言うスザクの言葉が、ルルーシュのいたたまれなさを煽り立てる。
「・・・悪かったな」
と返せば、スザクは、首を横に振った。
「ううん・・・悪くない。・・・どちらかというと・・・可愛いかな?」
 言葉を捜すように視線を泳がせ、ようやく出てきた言葉は、ルルーシュに聞かなければ良かった、と思わせるもので。
「ばっ・・・男が可愛いなどと言われて、嬉しいものかっ」
と、憎まれ口を返す。
 本当は。
 嬉しい、というよりは、恥ずかしさの方が先に立つ、その言葉。
 ルルーシュは、それがスザクの『好意』の表れであることを知っているから、これくらいで済ましているのだ。
『計画』の最後・・・スザクに『ゼロ』を演じてもらうには、あまり近づき過ぎない方がいいことを判っていても、こうして求めてしまう。
 ルルーシュは、まだ、同じことで迷っている自分に、自嘲の笑みをこぼした。
「・・・ルルーシュ?」
 怪訝そうに、名を呼ぶスザクの胸に顔を埋め、まだ時間はあるか、と問いかける。
 スザクは、ベッドサイドの時計に視線を泳がせると、こう答えた。
「・・・夜明けまでは、まだ時間があるけど・・・?」
「なら、問題ないな」
 ルルーシュは、そう言うと、自分からスザクに口付けた。
 その意味を悟ったスザクから、濃厚な口付けが返され。
「・・・積極的だね、今夜は」
と、どこか嬉しそうな声音で囁かれる。
「・・・最後になるかもしれんからな」
 そううそぶけば。
「させないよ・・・僕が」
 やけに確信めいたスザクの声が、ルルーシュの耳に届いた。


 決戦の火蓋が切って落とされた。
 ルルーシュが予測した通り、フレイヤを振りかざしたシュナイゼルは、黒の騎士団を自らの指揮下へおき、文字通り、ブリタニア軍対黒の騎士団の組み合わせが出来上がる。
 しかし、これは、ルルーシュ対シュナイゼルの頭脳戦とも言えた。
 現在、ルルーシュ率いるブリタニア軍は、先の日本会談でルルーシュが動かした軍全てであるから、これが総力とも言える。
 そして、シュナイゼル率いる黒の騎士団も、持てる力の全てで以って挑んでくるのだろう。
 悪逆皇帝・ルルーシュを倒すために。
 それも、ある意味、最初に考えた戦いの構図そのものだった。
 ただ一つ、ナナリーのことを除いては。
 しかしながら、ナナリーを救出するといっても、そのために必要なフレイヤを無効化する装置・フレイヤ・エリミネーターの完成には、まだ時間が掛かる。
 ロイド、セシルを含めた元・キャメロットの研究員らが、ニーナの研究に協力はしているが、使えるようになるまでには、時間稼ぎが必要となるだろう。
 幸い、というか、ブリタニアの軍は、もれなくルルーシュの『ギアス』によって、死をも恐れぬ兵士となっているから、ルルーシュの采配一つで、どれだけでも戦ってくれるだろうが、問題は、黒の騎士団の方だった。
 ルルーシュ自ら、ブリタニア軍に対抗するために組織し、鍛え上げた彼らの強さは、ルルーシュ自身が一番よく判っている。
 それが、かつてチェス対戦に於いて、一度もルルーシュに負けたことがないシュナイゼルの指揮下にあるのだ。
 いくら、スザクが操るランスロット・アルビオンや、ジェレミアのサザーランド・ジークが強くとも、これだけの規模の戦いでは、戦局を覆すほどの戦術には成り得ない。
 それに・・・。
 ルルーシュは、自分が置き去りにしてきた一人の少女に、想いを馳せる。
 かつては、何も知らない、優秀な『駒』だった。
 それが、『ゼロ』の正体を知ってなお、自分についてきてくれたカレン。
 ナナリーの総督就任とゼロを否定されたときに、始まりの場所で自分を見つけてくれたのは、カレンだった。
 それから、カレンは、ルルーシュの中で、確かに『守りたいもの』の一つに数えられるようになっていた。
 多分、彼女なら、事情を説明すれば、自分についてきてくれただろう。
 しかし、それは、ルルーシュの『望み』ではなかった。
 カレンにもまた、守りたい『仲間』があるのだから。
 だから、これから自分が演じる『茶番』に付き合わせるわけにはいかない。
 どれだけ恨まれても、憎まれたとしても、カレンを使い捨ての『駒』にするわけにはいかなかった。
 そのカレンは、向こう側のナイトメアとしては最強の紅蓮・聖天八極式を操縦している。
 かつて、ランスロット・アルビオンを操るスザクにすら、『死』を覚悟させたハイスペックのナイトメア。
 それも、ルルーシュが抱える問題の一つだった。


 スザクは、コックピットの中で、采配を振るうルルーシュの声を聴いていた。
『ギアス』を利用しての戦いは、消耗が激しい。
 だから、スザクは、それの発動と効果の持続時間を最小限に収める戦い方をしていた。
 それは、かつて、ロロが絶対静止のギアスを使って戦っていたときと似た戦い方ではあったが、スザクはそれを知らない。
 ただ、ギアスのせいで、乱れることなく動く自軍と、ぶつかり合うごとに、気合負けで失われていく兵たちを見ながら、この膠着状態が長く続かないことを思っていた。
 おそらく、チャンスは一度だけ・・・ダモクレスがフレイヤを撃つため、バリアを解く一瞬を狙って、エリミネータを射出、フレイヤを無効化し、ダモクレスに飛び込む。
 あとは、シュナイゼルを倒し、ナナリーを救い、ダモクレスを手中に収めるのだ。
 そうすれば、全てが終わる。
 ルルーシュが書いたシナリオ通り、全世界を手にしたルルーシュ皇帝が、ゼロという『希望』に倒されることによって。
 そこまで考えて、スザクは、頭を横に振った。
 もう、何度も考えて出した『答え』。

『ルルーシュ皇帝』は倒されても、ルルーシュは死なない。
 ・・・・死なせはしない。

 それが出来るのは・・・。
「僕しか居ない!」
 操縦桿を引けば、アルビオンが死神の如く宙を舞う。
 しかし、それを操るスザクは、圧倒的な操縦技術の差にモノをいわせ、黒の騎士団の機体を戦闘不能にしていった。
 脱出機構があるナイトメアに乗る者は、これで機体と共に堕ちることを免れる。
 そんなことは、何の免罪符にもならないが、スザクの目的は、敵を撃破することではなく、別にあったから。
 そのために出す『犠牲』は、最小限に食い留めるつもりだった。
 やがて、追い詰められたアヴァロンから、一騎の黒いナイトメアが飛び出す。
 一度は苦い気持ちで見送ったことがある、ルルーシュの機体・蜃気楼だった。



インデックスへその7へ
拍手する
| ゼロ・レクイエム(完結) | 15:00 | コメント:2
コメント
>Kisaさまv
コメント、ありがとうございましたv
・・・多分、最終回ネタは、多分、皆さま書かれていらっしゃるんでしょうね・・・と思いながら、ちまちま更新しております(汗
理想とおっしゃっていただけて、嬉しいですvv
TVシリーズのお話は、綺麗にまとまってて、気に入ってはいるのですが、何分、展開が早過ぎて、いろいろな人たちの気持ちを『置き去り』にしちゃってる感が否めませんでした。
『ゼロ・レクイエム』では、主にスザクやルルーシュにスポットを当てておりますが、そんな置き去りにされた『想い』を拾っていけたらいいな、と思います。。。
私としては、スザクが、ルルーシュの『ギアス』を受け取った=ルルーシュの『自分勝手』を赦し、『願い』を聞き届けてしまったと解釈しているんですね。。。
そう考えると、スザクは、どうしても浮かばれない気がするんです。。。
Kisaさまのおっしゃる通り、ルルーシュがユフィやシャーリーのことについて、何の弁明もしていないのなら、なおのこと。。。
私は、例え、言ったところで、どうにもならないことだったとしても、本当のことを話して欲しい、そう思う方ですので、『告げない優しさ』というものは、理解できません。
スザクも、そうだ、と思ってます。
『明日』を望むなら、『過去』を否定したり『今日』を誤魔化したりしてはいけないと思うんですよ。
だから、ここでは、ルルーシュに最大の『課題』を投げかけてみたいです。
逃げ場のない場所で、スザクに『真実』を告げて欲しい。
そして、最後は、ルルーシュにだって幸せになって欲しいんです。。。
それを、どう解決していくか・・・がんばり甲斐がありますねv
2008.10.12 Sun 22:25 | URL | なぎーの。(管理人)
はじめまして! Kisaと申します! 基本にょたばっか読んでますが、友情も好きなのでわりと男同士のスザルルも読みますv 様々な人がルル生存やゼロレクイエムについて二次創作していますが、なぎーのさんのスザクは「本編のスザもこうだったら…」という感じで、理想です(ルルの真実を知りたいとか。昔の話ですがアニメで「どうして君は僕に生きろとギアスをかけたんだ?」とスザクが言ったとき、仲直りとまでは行かないまでも誤解が解けるんだと大喜びしたもんです。ああ、ルルは本当に嘘が上手だから…スザもね・・・と今となっては悲しいかぎりです)多分、ルルはスザに誤解させたまま(ユフィの件は事故だった、シャーリーもといわず。言い訳みたいですしね)逝ったんだろうな、としみじみ…。とにかく萌えです!
2008.10.11 Sat 17:13 | URL | kisa
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Profile
pixiv

pixiv

What's New
Manu
Search

Counter

Link

お世話になってます♪

ギアスサーチバナー
GEASS SEARCH 様

ギアスSSサーチバナー
ギアスSSサーチ様


スザルル同盟様はサイト閉鎖されました   ロロ同盟バナー
スザルル同盟様  ロロ同盟様

Link 2
Comment
Mail Form

↓お問い合わせは、コチラで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

QR CODE

QR

ケータイからもご覧いただけます♪