FC2ブログ
『コードギアス・反逆のルルーシュ』非公認ファンブログ。二次創作SS(BL・女体化含)、イラスト、R18アリ。 pixivにて他ジャンルで活動中★

黒猫皇子と白狼騎士

ルルコ・注意報! その2 | main | 星空とスザきゅv
ルルコ・注意報! その1
『男女逆転祭』のあと、めでたく(?)『恋人同士』になった二人でしたが、お互い、特派の仕事(?)と、『黒の騎士団』の活動(?)に忙しく、なかなか、二人っきりで出掛けることの叶わなかった、スザクとルル。
そんな中、やっと、スザクの非番が、学園のお休みの日と同じ日になりました。
スザクは、ルルに、一緒に街へ出掛けよう、と誘います。
初めての『デート』は、生徒会メンバーズの耳にも入ってしまい、応援する人やら、冷やかす人やら。
そんなお話です。。。



------------------------------------------------------------

ルルコ・注意報! (2006.12.4)


「だから・・・いつもの格好でいいって言ってるだろう?」
「だーめ!! 全校生徒はおろか、この私にまで黙ってたんだから、これくらいは、言うこと、聞きなさい!!」
 ルルの部屋に、色とりどりの洋服を持ち込んだのは、シャーリー。
 この間の『男女逆転祭』で、『鷹の爪』と名乗るテロ組織に、ルルーシュの性別を聞かされたシャーリーは、『失恋』はしたものの、それでもルルが好き、という気持ちには嘘は吐けず、これからは、ルルの『友だち』として、彼女の恋を応援することに決めたのでした。
 何でも、相手は、スザクだとか。
 ミレイ会長から、全てを聞かされたときは、驚きましたが、それならば、スザクが転入してきてから、ルルの様子がおかしかったのも、頷けます。
 きっと、『幼なじみ』として、大切に胸の内に仕舞われていた『想い』が、再会をきっかけに、一気にあふれ出してしまったのでしょう。

(案外、可愛いとこ、あるんだ・・・)

 今まで知らなかったルルの一面に、ちょっと胸が高鳴るシャーリー。
 これは、『恋』じゃないのよ、『友だち』の意外な一面を見て、驚いてるだけなんだから、と自分に言い聞かせます。
 だって。
『恋』は終わったのだとしても、それで、シャーリーの中のの『好き』がなくなったわけではないのですから。
 ルルのことを考えたり、ルルの意外な一面を見てしまうと、以前のように、シャーリーはどきどきしてしまうのです。

 シャーリーが、自分の気持ちを、『恋』か『友情』か測りかねているのも無理はありません。
『女の子』ということが分かったとしても、ルルはルル。
 180センチに届くんじゃないか、と思わせるモデル並みの身長に、すらっとした体躯。
 濡れたように艶やかな光を放つ髪は漆黒で、アメジストのような大きな瞳。
 それを縁取る睫毛は、思いの外長く、時折、ルルの白い肌に優美な影を落とします。
 意志の強さを表すように、きり、とした眉は、手入れなど必要ないくらいに、綺麗に整っていて。
『男の子』と思っていたときから、ルルは、文句なしの『美形』だったのですから。
 オマケに声は、低く落ち着いた声を出し、聞いていて心地のいいものです。
 以前、ナナリーの言っていた、『すっとんきょうな声』なんてのも、普段のルルからは、考えられないもので。
 きっと、『男の子』のフリをしてなくちゃいけないものだから、そういう声になったのだわ、とシャーリーは、それもルルの魅力のひとつと数えることにしました。

 そして、いつも、つまらなさそうにして、『努力』とか、『一生懸命』という言葉をバカにしている風に見えるのに、いい加減なコトや、曲がったコトは許せないらしくて。
 この前も、自分を追い越そうとして、わき道に逸れてしまったトラックの、運転手の安否を確かめに行ったのだとか。
 リヴァルが言うには、周りにいた人たち誰もが、その事故を面白がって見てはいたものの、誰一人として、通報したり、運転手の安否を気遣ったりする人は居なかったのだとか。
 それが、ルルの気に障ったのでしょう。
 ルルは、ときどき、そういうところがあるみたいで、『賭け』でも、もの凄くこちら側を不利な状況に追い込んで、愉しんでいる『貴族』とかが相手だと、ものの10分も掛からずに、形勢を逆転させ、すました顔して、相手に『負け』を宣言させるのだとか。
 そのときの、ルルの挑発的な言動と、勝利を確信したときの、一瞬だけ見せる笑みは、リヴァルも胸のすく思いがするのだそうです。
 でも、『賭け』が終われば、いつものルル。
 何でもない、とばかりに、先を急ぎます。
 そういう、掴みどころのないところも、ルルの魅力でもありました。

 でも、『恋』を前にしたルルは、本当に、フツーの『女の子』で。
 今だって、スザクと会うのに着ていく服を決められないでいるのです。
 最後に出た言葉は、冒頭の通り。
 いつもの格好で行く、とのこと。

(冗談じゃないわっ!!)

 シャーリーは、ルルの『いつもの格好』を思い出し、首を横に振ります。
 ルルのいつもの格好といえば、ハイネックの身体にフィットしたシャツに、細身のパンツ。
 色は黒が基調で、上に羽織るジャケットも、男物の茶色なのです。
 たしかに、その格好は、ルルの長身を引き立ててはいましたが、所詮は男の格好。
 ルルのことですから、習慣で、さらしまで巻いてしまうでしょう。
 それでは、二人はまるで、『休日に遊びに行く同級生』になってしまうではありませんか!
 もしかしたら、スザクは、そのつもりでルルを誘ったのかもしれませんが、シャーリーは、そんなつもりは全くありません。
 なんたって、スザクもルルが『女の子』だってことを知ったのですから、その上で、二人で出かける、ということは、『デート』に違いないのです。

 きっと、二人とも『幼なじみ』という観念がジャマをして、そういう方向に考えが行かないのかもしれないわっ!!

 シャーリーは、これは、何としても、ルルに可愛らしい格好をさせて、スザクがルルを抱きしめたいと思うだけの雰囲気作りをしなければ、と勝手な使命感に燃えるのでした。


その2へ
拍手する
| ルルコ・注意報!(完結) | 12:53 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Profile
pixiv

pixiv

What's New
Manu
Search

Counter

Link

お世話になってます♪

ギアスサーチバナー
GEASS SEARCH 様

ギアスSSサーチバナー
ギアスSSサーチ様


スザルル同盟様はサイト閉鎖されました   ロロ同盟バナー
スザルル同盟様  ロロ同盟様

Link 2
Comment
Mail Form

↓お問い合わせは、コチラで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

QR CODE

QR

ケータイからもご覧いただけます♪