FC2ブログ
『コードギアス・反逆のルルーシュ』非公認ファンブログ。二次創作SS(BL・女体化含)、イラスト、R18アリ。 pixivにて他ジャンルで活動中★

黒猫皇子と白狼騎士

ちょこっとルルコ。R・その2 | main | ピアスに懸けた誓い。
ちょこっとルルコ。R・その1
『ちょこルル』のシリーズを愛してくださった方々
大変、お待たせいたしました~♪

SNSサイトの日記で1000Hitを獲得されました菜々実さまからの
リクエスト『ちょこっとルルコ。』の第一部。

前に借りていたサイトがシステム不良を起こして約半年
・・・既に、手持ちのデータもクラッシュしておりましたので
完全復活とは行きませんが、少しばかり残されたキャッシュと
記憶を頼りに、ストーリーの再構築をする決心をしました★

一応、だいたいのストーリーは覚えているのですが
細かいエピソードとか、キャラたちの言い回しとか
記憶があやふやな箇所がありますので
オリジナルとは区別して、『R』をくっつけております。。。

まさか、以前のテキストデータを保管していらっしゃる方はいない
とは思いますが、もし、記憶と違って『あれ?』と思われた方は
そこは、新たに書き直された箇所だと思ってくださいませv

それでは、気持ちも新たに『ちょこっとルルコ。R』の1本め。
ごゆっくり、お楽しみくださいませ!

お題は、『スザルルコ・ラブラブ・裸エプロン・えっちあり』ですv

-----------------------------------------------------------

ちょこっとルルコ。R  (1)

(『RELOAD』でも『RETURNS』でも、お好きにどうぞ


 ホントに、カンベンして下さい。

 ぼくが、そう思ったのも、無理はないと思う。

 何故かって?

 それは、朝、目が覚めると、もの凄くキレイでカワイイ女の子が、ぼくの顔を覗き込んでいたからだ。

 え? うらやましいって?

 確かに、普通で考えたら、そうなのかもしれないけど、ぼくにとっては、心臓が飛び出しそうなくらい、ビックリする出来事で、オマケに、ぼくには、ちゃんと『本命』の女の子が居る。

 そりゃ、彼女は、とってもキレイで、それこそ、高名な人形師が丹精込めて造ったんじゃないか、と思わせるような整った、艶やかな顔をしていたけれど、別に、顔で人を選ぶってわけじゃないんだから・・・。

「と、言いつつ、ここは『元気』みたいだそ?」

「ぅわぁぁぁぁぁっ!!」

 ぼくは、まるで、人の心を読んだかのように、言葉を返してくれた女の子を勢い余って突き飛ばすと、自分の股を押さえた。

 ・・・だって、仕方がないじゃないか・・・『朝』なんだから。

 ぼくは、胸中でつぶやきつつ、立ち上がる。

 ぼくが突き飛ばしてしまった女の子は、そのまま、しりもちをついてしまったらしく、お尻を撫でながら、顔をしかめて・・・。

「るるるルルーシュ!? きききキミは、何て格好をしてるんだ?!」

 ぼくは、そのとき、ようやく、彼女―――『ルルーシュ』なんて男名だけど、彼女はれっきとした女の子だった―――がしている格好に気付いたのだ。

 ルルーシュは、素肌にエプロンというとんでもない姿で、ぼくを起こしに来たのだ。

「何って・・・エプロンだが?」

 何に驚かれたのか、わからない、というような感じで、ルルーシュは、ぼくにそう言った。

 しかも、エプロンの下には、何もつけておらず、ルルーシュの大事なところも、全部見えてしまったわけで・・・。

「ルルーシュ! 前っ! 閉じて!!」

 ぼくは、慌てて、ルルーシュの股を閉じさせる。
 
 ごめん、ユフィ・・・。

 ぼくは、例え、事故だったとしても、彼女以外の女の子の大事なところを、見てしまったことを心の中で謝っていると、当のルルーシュは、エプロンのポケットから、ピンクの表紙のメモ帳を引っ張り出していた。

「・・・おかしな・・・このメモには、メイドは、エプロンをするもので、男の人は、素肌にエプロンを好むらしい、と書かれているんだがな・・・」

 ・・・ルルーシュ、その二つは、繋げて読む事柄じゃないと思うよ・・・。

 ぼくは、ピンクのメモ帳を見ながら、ぶつぶつと呟くルルーシュに、内心、ツッコミを入れながら、よろよろと立ち上がった。

 いくら、ルルーシュが早めに起こしてくれたから、といって、いつまでもこんなことをしていたら、新学期早々、遅刻ということになってしまうかもしれない。

 それに、朝から刺激の強いものばかり見せられたぼくの下半身は、もうトイレに行かないと、どうしようもないくらいになってしまっていたのだ。

 ぼくは、未だメモ帳を見ているルルーシュを尻目に、トイレへと向かうことにした。

 少し、前かがみになってしまうのが、何とも情けない。

 と、その前に。

「ぼくが、トイレから出る前に、ちゃんと服を着るんだよ?」

 現在の最優先事項を、ルルーシュに言い置いていくのは、忘れてはならないことだった。

インデックスへその2へ
拍手する
| ちょこっとルルコ。(連載中) | 17:00 | コメント:2
コメント
スザルルLOVEさま♪
気に入ってくださって、ありがとうございます♪
リクエストを受けたときに『裸エプロン』とありましたので、バッチリ着させてみました♪
こちらのルルたんは、スザクを喜ばせるためなら、何でもやりそうなイキオイです(笑)
スザクも、本編ではあんなコト言ってますが、まんざらでもないと思います←
自分の欲望に正直なスザクも書いてみたいですねv
2009.04.23 Thu 15:47 | URL | なぎーの。(管理人)
裸エプロンなんて男スザクにはたまんないねっv-10最高だああああぁぁああっv-345
2009.04.23 Thu 10:53 | URL | スザルルLOVE
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Profile
pixiv

pixiv

What's New
Manu
Search

Counter

Link

お世話になってます♪

ギアスサーチバナー
GEASS SEARCH 様

ギアスSSサーチバナー
ギアスSSサーチ様


スザルル同盟様はサイト閉鎖されました   ロロ同盟バナー
スザルル同盟様  ロロ同盟様

Link 2
Comment
Mail Form

↓お問い合わせは、コチラで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

QR CODE

QR

ケータイからもご覧いただけます♪