FC2ブログ
『コードギアス・反逆のルルーシュ』非公認ファンブログ。二次創作SS(BL・女体化含)、イラスト、R18アリ。 pixivにて他ジャンルで活動中★

黒猫皇子と白狼騎士

『ハロウィンを過ぎても。』 | main | その他SS・インデックス
ハロウィンを過ぎても・序
11月1日開催・COMIC CITY SPARK 4での頒布小冊子。
『ハロウィンを過ぎても。』の序文です。
内容的には、長いだけの悶々としたスザクのお話なので
サクッとカットして、ここに載せておきました★
・・・甘々バカップルの裏では、こんなエピソードもあるんですよ
というコトで。。。

表紙のイラストは、コチラからどうぞ♪
  ↓   ↓   ↓
『ハロウィンを過ぎても。』表紙を見る

--------------------------------------------------------------

 ハロウィンを過ぎても・序


 アッシュフォード学園生徒会主催・突発★ハロウィンパーティーは、大盛況のうちに幕を閉じた。
 各々、仮装パーティも真っ青の衣装を身に着けた生徒会メンバーも、発案者であるミレイ会長の解散の声を合図に、男子と女子に別れて普段の制服へ戻る。
 とりわけ、兄であるルルーシュの好みのため、一人で脱ぎ着が出来ないドレスを着ていたナナリーも、ミレイやシャーリーたちの手を借りて、中等部の制服へと着替えを完了していた。
 しかし、こういう仮装モノは、すぐに着替えたがるハズのルルーシュは、未だネコの姿のままで、珍しいこともあるものだ、と過去、ネコ祭りのときに、ルルーシュを押さえ込む役割を担ったスザクは、首を傾げた。
 しかし、よくよく見てみれば、男子の更衣室として割り振られた室内に、ある人物の姿が見えないことに気付く。
 ライだった。
 ライ、というのは、少し前に、アッシュフォード学園に迷い込んできた記憶喪失の青年で、銀髪長身、細身ではあるものの、それは、単純に余計な肉が一切ついていない、というだけで、鍛えられた体躯は、どこかで訓練を受けたか、武道でもやっていたかのような身のこなしだった。
 しかも、体力だけが取り柄のスザクとは違い、自身に関する記憶以外は喪わなかったのか、意外と頭も良く、チェスなどは、唯一ルルーシュの相手が務まるくらいの秀才でもある。
 そして、普段は、長い前髪に隠れて判りづらい顔も、一度近づいた人間は、忘れられないくらいの印象深い瞳と、彫刻のように整った容貌に浮かぶ物憂げな表情、見知った人間に見せるホッとした笑顔などはたまらなく魅力的で、スザクも同性ながらもしばし魅せられることがあったくらいだ。
 そんなライは、学園祭の実行委員長に任命されたこともあって、生徒たちとも積極的に関わることになり、別のクラスでも、その不思議な魅力について囁かれるくらいだ。
 ただし、本人は、目の前の仕事と、自分自身の問題に手一杯のためか、そんなことに気付く由もないのだが・・・。
 しかし、スザクは、知っていた。
 学園内で『幻の美形』と囁かれ、女生徒のファンをルルーシュと二分するライが、恋をしていることを。
 しかも、その相手は、今しがたイライラとした空気を身に纏いながら、それでも、イライラの原因のひとつであるはずの黒猫の仮装は外さないルルーシュなのだ。
 そして、ルルーシュもまた、ライに想うところがあるのか、ことライへの接し方については、他と違うことを認めざるを得ない。
 スザクも、最初はびっくりしたが、今では、ルルーシュの意識の大半を占めているだろうライを、違う、の一言で片付けることは出来なかった。
 それに、スザクは、誰にも言っていないが、彼らが、互いの距離を近づけた出来事まで見ているのである。

 あれは、ブルームーンの夜だったか、スザクは、風紀委員として、学園内の夜の見回りをしていた。
 とりわけ、ブルームーンの伝説・・・ブルームーンの夜に、学園にある礼拝堂で想いを伝え合った二人は、末永く一緒にいられるという伝説のためか、こういう日は、夜に出歩く生徒が多い。
 そして、スザクは、そんな生徒たちを見かけたら、早めに寮へ戻るように注意し、学園内に不審な人物が入り込んでいないか、をチェックするのである。
 軍の仕事との兼ね合いもあり、あまり学園に顔を出すことの少ないスザクとしては、学園に居るときくらいは、自らの仕事を頑張りたい・・・そんな思いで、学園内で危険なことが起こっていないか、見回りをしていた。
 そんなスザクの目の前に現れたのは、ライ・・・学園に来たばかりのころ、彼は、記憶の糸口を探してか、よく学園内や租界を一人で彷徨い歩くことが多かった。
 難しい顔をして、何かを考え込みながら歩くライの姿は、どこか放って置けなくて、スザクもよく気にとめていたのである。
 今度も、そうなのか、と思い、ライが歩いていく方向を見ていると、驚くべきことに、そこは礼拝堂の中だった。
 スザクは、信じられない思いで、空に浮かぶ蒼い月と、ライの姿を見比べたものである。
 しかし、ライの他に、礼拝堂の周りに不審者は見当たらず、もし、ライが誰かと礼拝堂で逢っているのだとすれば、このまま入れば、自分はただのお邪魔虫になってしまう。
 けれど、ライが、ブルームーンの伝説になぞらえて、ここに来たという確証はない・・・多分。
 これは、職務なんだ・・・いや、ライの友人として、彼にもしものことがあれば、今ここで帰ったことを、一生後悔することになる。
 そんなことを繰り返しながら、スザクが、礼拝堂に近づいたとき、もうひとつの人影が目に入った。
 それは・・・。
 ステンドグラス越しに浮かぶ、スラッとした後ろ姿。
 どこか、芝居がかったような、計算し尽くされたような美しさを持つ人影。
 そして、その姿は、誰よりも気高く、神々しい・・・そんな気配を持つ者は、学園内には、一人しかいない。
 月明かりに照らされたそこは、何かの『儀式』のようで、暗いところに立っていたスザクには、人影だけではあるものの、その影がする動作が、くっきりと目に見えた。
 影は、ゆったりとした仕草で、もうひとつの影へと手を差し伸べ、その手を取ることを促した。
 しかし、その決まったはずのポーズが、跡形もなく崩れていくのを、スザクは見た。
 あぁ、間違いない。
 あれは、ルルーシュだ。
 一種の戦慄さえ覚える、完璧な所作をしていながら、ほんの少しの『イレギュラー』でも、そのペースを乱し、その脆さが親しみを感じずにはいられない・・・スザクがよく知るルルーシュの姿だった。
 そして、次の瞬間、もうひとつの影・・・おそらくはライが、その崩れ去ったルルーシュの影に手を伸ばし、二つの影が、がっしりと一つのラインで繋がった。
 ルルーシュのペースを乱し、なおルルーシュに受け入れられ、隣りに在れる存在・・・ライは、いつの間にか、そうなっていたのだ。
 スザクが知らないうちに。
 それからのスザクは、自分がどう帰ったのかも分からなかった。
 ただ、いつの間にか、自分が居た場所に、ライが居て・・・それが、とても自然で、悔しくない、と言えば嘘になるけど、心のどこかで、彼らを認めかけている自分が居て・・・とにかく、わけが分からない思いがあとからあとからあふれ出て、夢中で走ってたら、自分の部屋の前だったのだ。
 それから、いつもは横になれば、すぐに就寝のスザクが、ぱっちりと目を開けたまま朝を迎え、せめて、『幼なじみ』として、二人の関係について、訊く権利くらいはあるだろう、と部屋を飛び出したのだ。
 その結果は、ルルーシュとライが、対等の関係として、お互いを確認し合ったことと、その二人の間に、どこか他人に入り込めないような空気が流れていることを知らされたのだったが。
 とかく、恋愛沙汰には、不得手なスザクである。
 天然気質で、年上の女性に好かれる、と言ったのは、ルルーシュが最初だったが、スザクにしてみれば、親切にしてくれる優しいお姉さん、的な印象が強かった。
 幼いころに憧れたお手伝いさんに対するそれが『初恋』なら、それらも恋と呼べるものだろうが、そういったところで、別に何があるワケでもなく、日々を暮らすのが精一杯で、ましてや軍属になってからの自分は、皆を護ることが第一で、恋愛を楽しむなど以ての外だった。
 当然、男性同士の恋愛が成立するかなど、知ったわけじゃなく、しかし、『主従』とも『友情』とも呼べないルルーシュとライのそれは、何と言ったらいいのか判らず、ミレイやシャーリーたちの言葉を借りるならば、『恋』であると。
 そう結論付けることが出来たのは、スザクが、ライという人間を認め、何よりルルーシュ自身が、ライに全幅の信頼を寄せていることが判ったからだった。

 そんなスザクが、いい加減、ライが戻って来ないと、ルルーシュに声をかけることも出来ないな、と思い始めたころ、黒いマントを身に纏った銀髪の男が扉を勢いよく開けた。
「・・・すまない。そこで、人だかりにぶつかって・・・」
 そう言いながら、マントを外した男は、珍しく長い前髪をアップにし、整った容貌を際立たせるメイクをした、紳士然としたいでたちの・・・まるで、欧州の物語から抜け出したようなライだった。
 おそらくは、その人だかりは、普段、見ることのない『幻の美形』の晴れ姿(?)を身に来た女子生徒が大半だろうが、ライの本当にすまなさそうな様子を見ると、軽口をたたくリヴァルですら、早く着替えないと閉めちゃうぞ、の一言で済ますつもりでいるらしい。
 そんなリヴァルに、僕が、鍵を届けに行くから、と遅くなったお詫びに、鍵を返しにいく役目を買って出るライは、ふと視線を移して、スザクの方を見た。
 そして、今までじっとライの方を見ていたスザクは、ライと視線が合うと、部屋の奥で怒気を放っているルルーシュの方を指し示す。
 困ったように目尻を下げ、口元に笑みを浮かべたライは、ルルーシュの方へ近づくと、構えるような仕草をした。

「遅い!」
 ルルーシュの声は、それだけで、本来なら、そのあとに続くはずの理屈が、何一つ出て来ていなかった。
 ルルーシュと『幼なじみ』であるスザクは知っているが、彼の場合、その怒りの度合いが大きければ大きいほど、内側にマグマを溜め込むのだ。
 くどくどと文句を言っているうちは、まだ、気が済むまで言わせておいてから素直に謝れば、許してもらえないこともない。
 しかし、いったん、その雄弁な口を閉ざしてしまったが最後、あとは、平謝りをしても、その固く閉じられた心を開くのは、困難なことである。
 幸い、スザクは、ルルーシュの『怒り』そのものを買ったことはないが、彼が憎んでいるであろうものに対する『怒り』は、ナナリーですら解くことは適わず・・・時折、ナナリーが不安そうに、クラブハウスを出るルルーシュの姿を見送っているのを見かけることがあった。
 ライは、腕を組んだまま、そっぽを向いてしまったルルーシュに、ゴメン、を繰り返すと、もう一度、スザクの方をチラ、と見た。
 スザクは、KYと言われることもあるが、今だけは、自分に何が求められているか、解かったような気がした。
 そして、解かってしまった自分が、少しだけ嫌になる。
 それでも、『友だち』であるライが困っていれば、そのまま見過すことは出来ず、ゆっくりと・・・スザクにしてはゆっくりと、二人の間に割って入った。
「まぁまぁ、ルルーシュも、ライだって好きで遅くなったんじゃないんだし・・・」
 そう言うと、ルルーシュは、片目だけでライを見て、大仰にため息を落とした。
「そうそう、いくらライがルルーシュの騎士だからって、縛り付けたら可哀想でしょ」
 リヴァルが、スザクの言葉を引き継いだ。
 騎士・・・!
 その言葉に、想うところがあったが、それはライ自身の否定によって、かき消されてしまう。
「違うよ、リヴァル・・・僕とルルーシュは、そんなんじゃない」
 その言葉に、ルルーシュは、組んでいた手を解き、そうだな、と矛先をリヴァルに変える。
「え? オレが悪いの?」
 ようやく、自分の『失言』に気付いたリヴァルは、そんなぁ、と情けない声を上げて、一同に笑みをもたらした。
 そして。
「あと、着替えなきゃいけないのは、ライとルルーシュだけだからな。オレとスザクは、先に行ってるから、戸締りしといてくれよな♪」
 先ほどとは違い、険悪なムードがなくなったことに安心したリヴァルは、スザクの背中を押し、廊下へと出ようとする。
 スザクも、そんなリヴァルに押し出され、部屋をあとにすることになった。
 未練がない、といえば嘘になるが、それでも、二人の仲を壊すほどの勇気はなくて・・・ただ、ルルーシュの顔に笑顔があればいい、と思いながら。

インデックスへ
拍手する
| ロスカラのお部屋♪ | 18:00 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Profile
pixiv

pixiv

What's New
Manu
Search

Counter

Link

お世話になってます♪

ギアスサーチバナー
GEASS SEARCH 様

ギアスSSサーチバナー
ギアスSSサーチ様


スザルル同盟様はサイト閉鎖されました   ロロ同盟バナー
スザルル同盟様  ロロ同盟様

Link 2
Comment
Mail Form

↓お問い合わせは、コチラで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

QR CODE

QR

ケータイからもご覧いただけます♪