FC2ブログ
『コードギアス・反逆のルルーシュ』非公認ファンブログ。二次創作SS(BL・女体化含)、イラスト、R18アリ。 pixivにて他ジャンルで活動中★

黒猫皇子と白狼騎士

『遠い日の約束』・インデックス | main | ロロうさ♪
遠い日の約束 (5) (完結編)
以前、連載していた『遠い日の約束』の完結編です。
連載当時、ひとまず完結させたくて、かなりはしょった形での完結編
となっておりましたので、少しだけエピソードを付け足しました。

果たされなかった『約束』。
叶わなかった『願い』。
置き去りにされた『心』。
通い合ったはずの『想い』は、トライアングルを壊し、不協和音を鳴らします。
それは『歴史の必然』か、それとも『世界への生贄』か。
そして、物語の幕が開きます。。。


----------------------------------------------------------------

遠い日の約束 (5) (完結)



 それから間もなくして、皇室を出たオレは、名を変え、アッシュフォード家の力を借り、一財団を建立した。
 ランペルージ財団。
 それが、かつて妹たちと果たせなかった『約束』を守るための第一歩であることは、オレと、財団を作るのに助力してくれたミレイ・アッシュフォードのみが知ることだった。


「日本人とブリタニア人のハーフ?」
 オレは、部下が差し出した調査書の一文を見て、そう問い掛けた。
 ランペルージ財団総帥。
 それが、今のオレの肩書きだった。
 しかし、齢一七の『少年』が、財団のオーナーを勤めていることは珍しく、このことを知っている者は、一部の上層部の人間のみとなっている。
 限られた人間以外には、ランペルージ財団の筆頭秘書の顔を使い、総帥・・・オレの意思を伝えることになっていた。
 そして、秘密を漏らさない、使える者のみが、オレが総帥だということを知る権利を得ていた。
 確か、この男は、その審問に通ったはずだったが・・・。
 オレが、そんなことを考えていると、男が、オレの質問に答える。
「はい、そうです。日本人姓を名乗ってはいますが、間違いないかと」
 オレは、それを何となく聞きながら、渡された調査書に目を通していた。
 今回、キョウトと呼ばれる、サクラダイトと呼ばれる鉱石を扱っているグループとの提携で手に入れたナイトメアフレーム。
 紅蓮弐式のパイロット候補として、最も適任と思われるのが、調査書に載っている少女だった。
「燃えるような紅い髪に、マリンブルーの瞳か・・・」
 日本人の外的特徴・黒髪黒目を見事に裏切り、ブリタニア人と変わらぬ容貌の少女は、意志の強さを秘めたまなざしで、カメラの方を向いている。
 男が、少女についての説明を始めていた。
「現在は、病気がちの母親と二人暮らし。・・・母親が日本人のようですね。解体されたナイトメアフレームのパーツを売りながら、行方不明の兄を探しております」
 オレは、その男の説明に適当に相槌を打つと、一番知りたかったことを、先に質問した。
「ジャンク屋か・・・で、パイロットとしての資質は?」
 すると、男は、すぐさまオレの質問の答えに、話を切り替えた。
「どんな機体も、マニュアルさえ叩き込めば、乗りこなすとか・・・銃火器を扱うよりは、機体そのものの操縦が得意。・・・ファイターとしては、申し分ないかと」
 その答えは、オレにとって申し分のない答えだったが、ただ一つ、男が『ファイター』と言ったことだけが、オレの勘に障った。
 近年、競技としての『ショー』的な意味合いが濃くなった『ナイトメアフレーム選手権』は、その『闘い』そのものが半ば『見世物』と化しており、『ナイトメアフレーム・ファイト』という別称が生まれたばかりか、その選手たちは、『パイロット』という呼称ではなく、『ファイター』と呼ばれることも多くなっていた。
 オレは、無論、闘いをショーにするやり方が気に喰わず、そんな呼称を使ったことはないが・・・。
「ふん・・・気に食わないな、そういう言い方は」
「はっ・・・申し訳ございません」
 オレが、不快を露わにして、男の言い方を指摘すると、男は、判で押したような謝り方をする。
 多分、この男は、オレが何を気に食わなかったのはかまでは、気付いてはいないのだろう。
 ため息一つで、オレは、話を先に進めた。
「・・・まぁ、いい。その女、契約については、意義はないのだな?」
「はい、母親の生活の保障、仲間達をメカニックとして起用すること、ファイトのない期間は、兄探しを続けても良い、ということで、首を縦に振りました」
 予想通りの返答に、オレは、顔をしかめた。
 しかし、その男が持ってきた話だけは、オレにとって使える話だった。
 大体は、調査書の通りでしかなかったが。
 オレは、頭の中で、様々なことを同時に考え、目の前の無能な男に、その計画のために、必要なことを言った。
「そうか・・・その契約は、変更だ」
「え?」
 男は、突然の話の切り替えについてこれなかったのか、疑問符を浮かべていたが、オレはそれに構わず、自分が聞きたいことだけを訊く。
「そいつは、中学までは、トップの成績だったのだろう?」
「そのように聞いております」
 これも、先ほど見せられた調査書を見れば分かることだったが、オレは、そのまま話を進めた。
「ならば、決定だ。選手権のない期間は、学校に通ってもらう。兄探しは、別の人間を用意しよう。ランペルージ財団のパイロットが、教養もないんじゃ、話にならないからな」
「ですが・・・」
「編入先は・・・そうだな、アッシュフォード学園がいい。あそこなら、休学中の分は、補習とレポート提出で何とかなるからな・・・何か、依存は?」
「・・・いえ」
 オレが、異論を挟む余地を与えるつもりがないことは、男にも判ったみたいだ。
 短く答えた男は、それきり口を挟まなくなった。
 オレは、口角を引き上げると、こう呟いた。
「紅月カレン、か・・・面白くなりそうだ」


 調査書を読み上げるしか能のない部下を追い払い、オレは、椅子の背にもたれた。
 紅月カレンというパイロット候補生は、オレより一つ下で、学年は同じ。
 母親の姓を名乗っているが、父親は、ブリタニア人であるとのこと。
「これは・・・?」
 カレンの母親の経歴をたどると、面白いことが、目に入った。
 名門・シュタットフェルト家のメイドとして、勤務する・・・長男・ナオトが生まれる半年前くらいまでの経歴だった。
 確か、あそこの現当主は、妻に先立たれ、その間に子供もいなかったはずだったな・・・。
 オレは、記憶の片隅にあったシュタットフェルト家の事情を思い出し、ほくそ笑んだ。
 おそらく、カレンの兄・・・今は行方不明のナオトの父親というのが、シュタットフェルトの現当主なのだろう。
 また、それが事実として、シュタットフェルト家の当主が、自分の息子に逢いに行った場合、カレンの父親もシュタットフェルト家の当主である・・・と考えることも出来る。
 全ては、勝手な憶測に過ぎないが、跡取りのないシュタットフェルト家に取っては、当主の血を引くかもしれない子供を引き取る『理由』くらいには、なるかもしれないな。
 そう考えたオレは、いくつかのシナリオを組み立てた。
 まず、カレンが学校に通う間のステイ先として、シュタットフェルト家を紹介する。
 現当主の出方を待ち、それによって、カレンの後ろ盾になってもらうか、或いは、養女として引き取ってもらうかを決めてもらえばいい。
 その話が上手くまとまれば、カレンにそれなりの身分を与えることが出来る。
 そして・・・!
「フッ・・・!」
 オレは、すらすらと浮かぶ筋書きに、失笑した。

 それじゃ、まるで、母さんと同じじゃないか。

 いや、違うな。
 母さんは、アッシュフォード家の後ろ盾を得るまでは、身分などというものには、縁がなかった。
 両親共に『平民』の出の、どこにでもいる少々運動神経がいい少女で、その運動能力とパイロットテストの時の成績を買われ、ナイトメア選手権のパイロットに抜擢されただけだった。
 それが、優勝なんかしてしまったから、父上なんかに見初められることになったんだ。
 母さんは、既に何人も居た父上の妃の一人に、数えられることになった。
 だが、カレンは違う。
 オレは、生涯の伴侶は、一人しか要らない。
 例え、この選手権を足がかりに、元の地位を取り戻すことになっても、それは、妹たちとの果たせなかった『約束』を果たすためであって、決して、カレンをどうこうしたいってわけじゃ・・・。
 オレは、頭を振ると、自分の考えを打ち払った。
 今は、余計なことなど、考える必要はない。
 カレンは、パイロットになる条件として出した兄を探すことと、その兄の友人たちと『仲間ごっこ』をするので、手一杯のはずだ。
 オレとて、ナイトメア選手権のオーナーとして、今まで以上に忙しくなることは必死。
 だから、だから・・・。

 オレは、まだ気付けずにいた。
 無意識に打算を張り巡らすほど、手に入れたいと願うものが出来たことを。
 そして、その『誤算』が紅い嵐となって、オレの『運命』を大きく変えようとしていたことを。

 ランペルージ財団結成から一年。
 オレは、一人のパイロットを、チームに迎え入れることになる。


(そして、舞台は、闘技場の上へ。。。)


インデックスへ
拍手する
| その他SS(コードギアス) | 23:00 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Profile
pixiv

pixiv

What's New
Manu
Search

Counter

Link

お世話になってます♪

ギアスサーチバナー
GEASS SEARCH 様

ギアスSSサーチバナー
ギアスSSサーチ様


スザルル同盟様はサイト閉鎖されました   ロロ同盟バナー
スザルル同盟様  ロロ同盟様

Link 2
Comment
Mail Form

↓お問い合わせは、コチラで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

QR CODE

QR

ケータイからもご覧いただけます♪