FC2ブログ
『コードギアス・反逆のルルーシュ』非公認ファンブログ。二次創作SS(BL・女体化含)、イラスト、R18アリ。 pixivにて他ジャンルで活動中★

黒猫皇子と白狼騎士

ルルコ・注意報! その14 | main | 私設・ルル様親衛隊
私設・ルル様親衛隊(2)
前回同様、SNSサイトの日記からの拾いモノ。

また、やってしまいました。
腐女子モーソーネタ。
今回、かなりヤバめです。
そーゆーのダメな方は、回れ右にて。

今度は、STAGE 9『リフレイン』からです。




--------------------------------------------------------

 毎晩、『黒の騎士団』の活動に忙しいルル。
『ゼロ』に扮することには慣れたのですが、『ゼロ』でいるときは、普段以上に『気合』を入れなければならないので、『疲労』も蓄積されてしまいます。
(ルルは、ゼロのオーバーゼスチャーは、やり過ぎぐらいがイイ感じだ、と思ってるようですから(笑))

 そうなってくると、退屈な授業の時間は、居眠りをしてしまうのです。
 堂々と机に突っ伏してしまうと、先生にバレてしまいますから、机に肘を付いて、頭を支えて眠るルル。

 確かに、先生にはバレてない様子でしたが、周りの生徒たちには、ルルが身動き一つしないことに、居眠りをしていることは、判ってしまうようで。
 リヴァルが言うには、一日の大半は、ああして寝ているぜ、とのこと。
 そうなってくると、ルル様親衛隊の人たちも、放っては置けない様子です。

「あ・・・また、ルル様が眠っていらっしゃるわ」

「居眠りしてても、エレガントな方ね・・・v」

「でも、どうしてそんなに、睡眠不足なのかしら?」

「そんなの、夜、眠れないから、に決まってるじゃないの!」

「じゃあ、どうして、夜、眠れないの・・・?」

「あぁっもう! 眠らせてもらえないのよっ」

「・・・それって、もしかして」

「そう。スザクさんが、毎晩、ルル様のことを・・・v」

「きゃーーーっ ウソーーーっ!?」

「若いお二人には、『夜』という時間は、短過ぎるのですわっ」

「それが本当だとしたら、どうして、スザクさんは、平気そうなのかしら・・・?」

「・・・知りたい?」

(コク)

「スザクさんは、ルル様から、精気の源をいただいてるのですわっ」

 ・・・・・・・・・・・・・・・

 彼女の脳内では、二人は、タイヘンなことになってるのでしょう(苦笑)。


 一方、そんなことを囁かれてるとは、夢にも思わないスザクは、眠そうなルルに、こう言います。

「本当に、大丈夫?・・・悩みとかあったら、相談に乗るけど」

 まさか、夜は『黒の騎士団』で出ているから睡眠不足だ、とは言えないルルは、スザクの気遣いをはぐらかします。

「ちょっと、夜更かしが過ぎただけだ、心配するな」

 素っ気ないルルに、スザクは、元来の『おせっかい』気質が出てきます。

「心配っ・・・するよ。『友だち』だから・・・」

 ムキになるスザクが、ちょっぴり(?)嬉しいルル。

「スザク・・・」

 二人、しばし見つめ合います。

 パシャ パシャッ

 シャッターを切る音に二人が振り返ると、そこには、カメラを構えたリヴァルの姿が・・・。

「・・・何やってるんだ、リヴァル?」

 ルル、リヴァルを胡乱な眼差しで見つめます。
 リヴァルは、悪びれもなく、こう言います。

「お前らのツーショット、何故か、一部に高値で売れるんだぜ? あ、こっちは気にしないで、続けて続けて」

 そう言われて、続けられるわけがない二人。
 ルルは、リヴァルに脅しをかけます。

「会長に言いつけるぞ」

 ミレイ会長には、頭が上がらないリヴァル、それだけはカンベン、とルルに泣き付きます。

「いいじゃないか~。最近、オマエが『賭け』に付き合ってくれないせいで、こづかい寂しいんだ」

 ルルが、チェスで賭け事をしていたなんて、初耳のスザクは、驚いてルルに訊きます。

「えっ? ルルーシュって、そんなことしてたの?」

 ギクリ、としたルル、必死で言い訳を考えます。

「『遊び』だ、遊び。もう、飽きたからやってない」

 小声で、リヴァルに耳打ちします。

(「余計なことを言うなっ」)

 リヴァル、ここぞとばかりに、本当の用件を言い始めました。

「そうそう。この前のネコ・・アーサーの歓迎会をするから、会長が、生徒会のメンバーは、全員、出席するようにってさ」

「・・・分かった。出るから、もう黙れ」

 上手い具合に、話を逸らしてもらえたルル、深く考えずに、オーケーを出してしまいます。
 リヴァルの目が、妖しく光ります。

「よぉーし、出るって言ったな? 取り消しは無効だからなっ」

 ルルは、ようやく、自分がワナに嵌まったことに気付きました。

「ま、待てっ・・・その『歓迎会』って、まさか・・・」

「全員、ネコの着ぐるみを着て、『猫祭り』をするんだ。・・・いや~、良かった。『水着で授業』に続いて、『猫祭り』まで休まれたら、どうしようかと思った」

「くそっ リヴァル、計ったな~~~っ」

「あ、スザク、ルルーシュの右手押さえて」

「え? こうですか?」

「スザクっ オマエまでっ」

「だって、『全員参加』なんだろう?・・・勝手に休んじゃいけないよ」

(「くそっ 昔は、もっと『個人主義』だったクセに・・・っ」)

 軍隊に入った人が、いつまでも『個人主義』でいられるわけないのに、ルルは、いい加減、往生際が悪いです(苦笑)。

 そうして、クラブハウスに連行されたルル。
 椅子に括り付けられ、ネコメイクをされてしまうのでした・・・。


 ちなみに、それを教室で見ていた親衛隊の人たちは。

「聞きました? 『猫祭り』だそうですよ?」

「え? 昔の恋人と今の恋人が、ルル様を取り合ってたんじゃないんですの?」

「この場合、どちらが『今』で、どちらが『昔』なんでしょう・・・?」

「もうっ どっちでもいいから、早く、クラブハウスに参りましょう!」

「はいは~い。生徒会以外は、立入り禁止ね」

「「「シャーリーさんっ」」」

「ギャラリーが多かったら、ルルが、それに紛れて逃げるかもしれないでしょう? ちゃんと、記念写真は回すから、諦めなさい」

「くっ・・・くやし~いっ! 絶対ですからねっ シャーリーさんっ」

 シャーリーが、親衛隊に睨まれるワケは、この辺りにあるかもしれませんね。。。

-------------------------------------------------------

潤×2いわく、『ゼロ』は、毎回、やり過ぎってくらいやらないと、いい人になってしまう・・・のだそうです。
ゼロが『いい人』になったら、カズキと被っちゃいますよね?
それは、タイヘンだ。。。


インデックスへ
拍手する
| その他SS(コードギアス) | 13:01 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Profile
pixiv

pixiv

What's New
Manu
Search

Counter

Link

お世話になってます♪

ギアスサーチバナー
GEASS SEARCH 様

ギアスSSサーチバナー
ギアスSSサーチ様


スザルル同盟様はサイト閉鎖されました   ロロ同盟バナー
スザルル同盟様  ロロ同盟様

Link 2
Comment
Mail Form

↓お問い合わせは、コチラで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

QR CODE

QR

ケータイからもご覧いただけます♪